交通事故と業務上過失傷害

交通事故の加害者にはどんな刑事的責任が与えられるかというと、人身事故の場合には、過失致死傷罪がほとんどになります。
このほかには業務上過失致死傷などもありますが、特に悪質なケースでは自動車運転過失致死傷剤が決定することがほとんどです。

この場合には、7年以下の懲役又は禁固刑および100万円以下の罰金ということになっているのですが、この他にも加害者に対して下される罪名があります。

危険運転致死傷剤

こちらの罪名の場合には上記した内容よりもさらに悪質性が認められるものとなっており、飲酒運転を始めとして薬物を使用してからの運転、更には大幅にスピードに違反を行った上での運転に対してこのような罪名となっています。
こちらは最長で15年以下の懲役となっており、危険運転致死剤の場合には最長で20年以下の懲役ということになっています。

業務上過失致死傷罪

こちらの罪名は頻繁に耳にする事がありますが、もちろん業務上ということになりますから、運転そのものを仕事にしているドライバーが加害者となった場合に適用される罪名となっています。
最長で5年以下の懲役もしくは禁固、または100万以下の罰金という責任の中でふさわしいものが決定することになっています。
またここまで大きな過失ではなくそれでいて、一般的な交通事故に比べると過失の割合が大きくなるといったケースでは、重過失致死傷剤というものがあり、こちらのケースでは自動車のドライバーだけではなく、自転車の走行などにも適応されることがあります。

このほかにもさまざまな罪名があるのですが、故意的に交通事故を起こし被害者が亡くなってしまったという場合には当然ながら殺陣罪となっており、殺人に至らなくても故意をもって怪我をさせたというケースでは傷害罪ということになっています。

車両の違反において様々な罪になる

上記のように運転そのものに大きな問題があった場合には様々な罪名が決定するのですが、車両そのものに問題があったというケースでも違反が課せられることになります。
車検に通していない状態で走っていたり、自賠責保険に加入していない状態で走っているという場合には道路交通法違反をすることになりますから、このような部分で違反切符を切られると同時に、罰金などの支払いが命じられることになっています。

また物損事故の場合には器物破損材が多くの場合で適用されるのですが、このような罪名が決定した後の責任というのはあくまでも故意的に行った場合であり、交通事故での場合には、この罪が課せられるケースは非常に少ないと言えます。
ただし、刑事責任としてこのような罪名が決定した場合には当然ながら責任も負わされることになりますから、しっかりと責任を果たさなくてはなりません。

一度でも加害者になってしまえば前科がつきますから、その後の自分の生活にも大きな影響を与えることになります。
単純に被害者に対しての補償をすれば良いなどと思っていると、思いもよらない責任を言い渡されてしまい驚くことがありますので覚えておくと良いでしょう。
このような罪名が決定した後、弁護士をつけて異議申し立てを行う人もいるようですが、基本的には事故の状況や被害者の怪我の状態から加害者に対しての罪名が決定することになっていますので、覆すのは非常に難しく被害者に対する保証だけではなく、上記のような罪名が決定した際の罰金や罰則金額も近いと支払いをしなければなりません。

またこのような部分においては当然ですが、任意保険から保証されるものではありませんから、加害者自身が準備した上で支払いを済ませなければなりません。”